ed

EDとはどんな病気なのか?

これまで病気として語られてこなかっただけに、EDについては誤解も少なくないようです。

まず、医学的にはどういう状態をEDとして扱うのかを知っておいて下さい。

ED病気■満足なセックスが出来るだけ勃起をしない。

EDとは、勃起不全を意味する『Erectile DysfunCtion』の略。

しかし、まったく勃起しなくなった状態だけを、EDと呼んでいるわけではありません。

勃起が不十分なために満足なセックスが行えない状態をEDといいます。

これまで日本では、『勃起が不十分なため、4回中3回以上、満足な性行為が行えない場合をEDと診断する』と定義してきました。

日本性機能学会による定義です。

しかし、世界的には、性交の失敗頻度とは関係なく診断するのが主流となっています。

そこで、最近では日本でも、アメリカ医学会にならって、EDを次のように定義しています。

『性交時に十分な勃起が得られないため、あるいは十分な勃起が維持できないために、満足な性交が行えない状態をEDとする』

つまり、頻度とは関係なく、勃起が不十分なために満足な性交が行えなければ、EDと診断されるわけです。

そして、そうした状態が起こる頻度によって、軽症(たまにセックスが出来ない)、中等症(ときどきセックスが出来ない)、重症(ほぼ何時もセックスが出来ない)に分類しています。

■勃起は可能でも不十分ならEDと考える

EDと診断されるケースでも、自分はEDではないと思っている人が大勢います。

例えば、『セックスをできないが、ペニスを刺激すれば勃起はする』『マスターベーションなら勃起もし、射精も可能だ』『持続力は低下したが、勃起して挿入する所まではいく』といった男性たちは、自分は立ちは悪いがEDといった病気ではないと考えがちです。

しかし、たとえ勃起したとしても、十分な硬さが得られなかったり、十分に勃起が持続しなかったりするのであれば、やはりEDに含まれます。

ポイントは、『満足な性交』が行えるだけ勃起しているかどうかがポイントです。

また、性欲低下や射精障害(早漏・遅漏)は、性機能障害には入りますが、EDとは別の病気になります。

まずは、日本で大勢悩んでいるEDという病気に自分がなっているのかどうかの自覚や判断と、治療がとても大切です。

現在では、ED治療薬の服用で約7割の方はEDを改善することが可能です。

放置せずに病気と向き合い、きちんと治療しましょう。

■EDの主な症状

・勃起がしにくく、勃起しても維持が厳しい。

・挿入しても途中で柔らかくなり抜けてしまう。(いわゆる中折れ)

・性欲はあって興奮しても、まったく勃起がしない。

・勃起しても十分な硬さにならない。

※勃起がおこらないケースは勿論ですが、硬さが不十分だったり、勃起状態が維持できないなど、満足な性交が行える勃起が得られない状態が、いずれもEDと診断されます。


TOPページへ

↑ PAGE TOP