ed

こんなEDは見過ごせない!

ED判別セックスが必要でない人にとっては、EDは病気とは言えません。

しかし、不妊や離婚の原因ともなったり、パートナーとの関係や心理面に悪影響をおよぼすような場面は放おっておけません。

■子供を欲しい人達には深刻な障害

ED(勃起障害)の為にセックスが出来ない状態が続いても、それを病気として考えない方は少なくありません。

しかし、EDはれっきとした病気なのです。

セックスがしたいのに出来ない状態は、本人やパートナーにとっても不満をもたらす深刻な症状でしょう。

そうした性生活の不満以外にも、深刻な問題となってしまう場合があります。

比較的若い世代の夫婦には、子供が欲しいのに出来ない、という自体を招いてしまいます。

男性不妊には様々な原因がありますが、EDは重大な男性不妊の原因の一つです。

男性不妊の原因で最も多いのが、精子をつくる機能に障害が起こる、『特発性造精機能障害』で、これが全体の47.3%を占めています。

続いて、『精索静脈瘤』が23.9%、『ED』が20.7%、『閉塞性無精子症』が3.6%、『その他』が4.5%という割合になります。

近年は、少子化が問題になっていますが、男性不妊の5人に1人の原因がEDなのです。

ED治療は、少子化対策としても注目を集めているのです。

■夫婦の関係、心理的な面への影響も大きい

セックスがうまくいかないことで、パートナーとの大切なコミュニケーション手段が失われ、夫婦関係やパートナーとの関係にひびが入ってしまったり、離婚や別れへと発展してしまうこともあります。

特に若い女性は、勃起しないことを愛情の問題と考えがちな傾向があるようです。

また、勃起障害に陥ったことで、性生活だけではなく、社会生活全般に自信を失ってしまう男性も大勢います。

EDが引き起こす様々な問題点まとめ

●離婚の大きな原因となる。

男女間の関係に大きな亀裂が入り、離婚の原因とつながりやすくなっています。

●男性不妊の原因になる。

子供が欲しい若いカップルにとって、とても深刻な問題で男性不妊の原因約2割を占めるのがEDです。

見過ごすことの出来ない深刻な問題です。

●男性の自信喪失に繋がる

EDを『衰え』と感じる事で、全てにおいて自信がなくなり、セックスだけではなく社会生活にも影響をもたらします。

活力がなくなり、決断力も鈍るといった方が多いです。

●パートナーとの大切なコミュニケーション法を失う。

中高年でも、セックスは夫婦間の大切なコミュニケーションの手段。

それを失うことで、夫婦間が急に冷めたり、距離が遠くなったと感じる方も多くいます。

セックスレスが増えている現在は、とても深刻な問題です。


次ページ「EDとはどんな病気なのか?」

↑ PAGE TOP